暗黒街のオルフェウス

あらすじ

 

時と場所:神話時代。ギリシア地方。その他天国と地獄という超地上的な場面が展開される。

 

第1幕

世論が現れ、その正しさを述べて序唱を歌う。オルフェーの妻エウリディーチェは羊飼アリステのために花輪を作り小屋へ投げ入れる。彼女は夫のオルフェーに飽き飽きしてアリステに恋している。しかしそのアリステは実は地獄の大王プリュトンで、エウリディーチェを誘拐するために変装して住んでいるのである。一方オルフェーは、妻を自分の好きな羊飼の娘クロエと間違えて愛のセレナードを歌う。お互いの浮気がばれて喧嘩の2重唱をはじめ別れてしまおうとする。しかしオルフェーは世論の制裁を恐れ、エウリディーチェとアリステがいつも恋をかたる麦畑に毒蛇を隠す。エウリディーチェは毒蛇にかまれ倒れてしまう。アリステは大王の本性に戻り、エウリディーチェを地獄に連れ去ろうとする。オルフェーは妻がいなくなったことを悲しむどころか羊飼の娘の所へ行けると喜ぶ。が、世論に「後世のためにも大神ジュピテルに頼んで妻を黄泉の国から取り戻せ」と命じられ、しぶしぶ天国へ向かう。天国では1人眠りの神モルフェーだけが起きていて他の神は寝ていた。そこへ角笛が響き一同は目を覚ます。目を覚ました神々はジュピテルの暴君ぶりを糾弾する。また女性誘拐容疑でプリュトンを呼ぶが、ジュピテルだって下界の女達と不品行の数々を犯しているとやり返される始末。世論とオルフェーはグルックのアリアをもじり「妻を帰して欲しい」と歌う。ジュピテルは一同の神々を連れて地獄へ向かう。

 

第2幕

エウリディーチェはプリュトンの女部屋にかくまわれ退屈している。ジュピテルはハエに化けて鍵穴から入り彼女に一目惚れする。身分を明かしオリンポスへと誘う。愉快な2重唱。天と地のすべての神が大宴会を開いている。頃合いを見てジュピテルとバッカスの巫女姿のエウリディーチェが逃げようとするとプリュトンに見つかってしまう。オルフェーがプリュトンと共に登場。ジュピテルはオルフェーに地上に戻るまでは決して後ろを振り向いてはならないとの条件で妻を返す。しかしオルフェーはなかなか振り向かない。業を煮やしたジュピテルは雷を起こす。オルフェーは驚き後ろを見ると妻の姿はない。オルフェーは喜んで地上の羊飼の娘の許へ戻ろうとする。ジュピテルはエウリディーチェをバッカスの巫女にすると決める。

プログラムとキャスト

クリエイティブチーム


シアンエドワーズ - 指揮者

ヴァレンティーナ・ペレッジ - 指揮者
(11月1日、26日、28日)

エマ・ライス - 監督/英語の本

Lizzie Clachan  - デザイナーの設定

Lez Brotherston  - コスチュームデザイナー

マルコムリペス - 照明デザイナー

Etta Murfitt  - 振付家

トムモリス - 英語の歌詞

Matthew Monaghan  - アソシエイトディレクター


キャスト


エド・リヨン - オルフェウス

クラウディア・ボイル -  Eurydice

ルシア・ルーカス - 世論

ウィラードホワイト - 木星

ロバートヘイワード - 木星
(11月21日、26日、28日)

アレックスオッターバーン - 冥王星

アランオーク - ジョンスティックス

キールワトソン - 火星

IdunnuMünch - 金星

Mary Bevan  - ダイアナ

チケットを購入する
OCT 2019 Next

ロンドンコロシアム

イングリッシュ・ナショナル・オペラの本拠地は、ロンドン、ウエストエンドの中心部にあるロンドンコロシアムです。1904年に建築家フランク・マッチャムにより設計され、スエーデン製の大理石で建てられました。

豪華なエドワード朝様式の内装は2004年壮麗に改装され、美しい講堂と素晴らしい公演スペースを提供します。

ロンドンで最も幅の広い舞台を持ち、ダンスなど舞台芸術に最適な会場です。1968年より、イングリッシュ・ナショナル・オペラの本拠地となり、座席数2358、ロンドン・ウェスト・エンドに於いて最も大きな劇場です。

 


コロシアム歴史 

 

ロンドンコロシアムは、興業主オズワルド・ストールの依頼を受け、建築家フランク・マッチャムが設計しました。 彼らの野望は当時最大かつ最も洗練された’人々の娯楽会場’を建設する事でした。

マッチャムはクラシック音楽や知識人向けの余興ではなく、多様性のある劇場を望みました。その結果ここの劇場でのプログラムは音楽ホールとバラエティ劇場の両面を持ちました。劇場の元々のスローガンは「人々の幸福のため」でした。1904年12月24日にVariété-Showによりこけら落としがおこなわれ、1911年には作家W.S.ギルバートの最後の作品'The Hooligan'が初演されました。2359席、ロンドンで最大の劇場です。

1931年から1968年まで劇場はコロシアム劇場と名前を変更します。 1968年には、ロンドンコロシアム、サドラーズウェルズ·オペラの本拠地としてリニューアルオープン。 1974年にはサドラーズウェルズはイングリッシュ·ナショナル·オペラとなり、2000年からの完全かつ詳細な修復工事を経て元のエドワード朝様式の装飾と新しい公共空間を再現し、2004年に再オープンしました。 


 

 

ロンドンコロシアムへのアクセス

 

最寄りの地下鉄 

チャリングクロス - 0.2マイル 
北線 
レスタースクエア - 0.2マイル 
ノーザン·ソウル&ピカデリーライン 
コヴェントガーデン - 0.3マイル 
ノーザン·ソウル&ピカデリーライン 
堤防 - 0.3マイル 
ベイカールー、サークル、ディストリクト&ノーザンライン 


最寄りのオーバーグラウンド 

チャリングクロス - 0.2マイル 
ウォータールー - 0.8マイル 


最寄りのバス 

3、6、9、11、12、13、15、23、24、29、53、77aと、88、91、139、159、176


Warning: getimagesize(/www/htdocs/w010847c/2parisconcerts-tickets/img/68005europera-tickets-budapest.jpg): failed to open stream: No such file or directory in /www/htdocs/w010847c/1londonoperatickets/event.php on line 669

Warning: getimagesize(/www/htdocs/w010847c/2parisconcerts-tickets/img/68005europera-tickets-budapest.jpg): failed to open stream: No such file or directory in /www/htdocs/w010847c/1londonoperatickets/event.php on line 669

Warning: getimagesize(/www/htdocs/w010847c/2parisconcerts-tickets/img/36162Hungarian-Opera-House-Seating-Plan.JPG): failed to open stream: No such file or directory in /www/htdocs/w010847c/1londonoperatickets/event.php on line 669

Warning: getimagesize(/www/htdocs/w010847c/2parisconcerts-tickets/img/36162Hungarian-Opera-House-Seating-Plan.JPG): failed to open stream: No such file or directory in /www/htdocs/w010847c/1londonoperatickets/event.php on line 669
類似したイベント